薬剤師の国家試験の丸わかりガイド

薬剤師の国家試験についての基礎知識をご紹介!


薬剤師の国家試験

薬剤師における国家試験は、以前は、年に2回実施されていましたが、現在は年に1度行われる事となり、おおよそ3月の土曜日と日曜日に行われています。 薬剤師試験における日程は、2日間ということになります。

薬剤師野国家試験を受験するには、学校教育法に基づく大学において、薬学を正規の課程修め、卒業している、もしくは、外国の薬学校を卒業した場合と外国の薬剤師免許を受けた方で、厚生労働大臣が、日本における学校教育法に基づいた大学において薬学の正規の課程を修めている方と同等以上の学力及び技能を有すると認定した場合に受験資格を得られます。

薬剤師野国家試験の試験科目は、基礎薬学による問題は、60問となり、医療薬学は120問、衛星薬学は40問、薬事関係における法規、薬事関係における制度は、それぞれを合わせ20問となり、薬剤師国家試験における試験科目は計240問程度出題という事になります。 このような薬剤師における薬剤師国家試験の試験実施は、北海道、宮城県、東京都、愛知、広島等で行われ、薬剤師における合格基準は、問題の難易を補正し、計算して得られた総得点が312点以上という事になり、およそ65%以上獲得する事が必要となります。

つまり、薬剤師国家試験の合格基準は、問題の難易を補正し、尚且つ計算して得た総得点が65%に対応する実際の総得点以上の得点であると合格基準となり、各科目すべてが35%以上の得点をとらなければいけません。 ここでいう、問題の難易度の補正計算とは、正答率、識別指数の低い問題の得点を調整して計算する事となり、配点は1問2点の480点満点となります。 更に識別指数とは、問題が成績の良い受験者、成績上位25%の方と成績下位25%の方とを効率的に識別し、能力を表す事の出来る数値となります。

薬剤師における国家試験とは、以上のような地域で行われ、以上のような合格基準により、合格、不合格が確定されます。 薬剤師の国家試験は、少し前まで年に2度でしたが、それも現在では、年に1度ということになります。

薬剤師の国家試験の内容とは、以上のような事が言えますが、国家試験における合格率が高いか、低いかの面で言うと、薬剤師の国家試験の合格率は高め傾向です。 おおよそ平均で70%から80%が、薬剤師における国家試験の合格率となりますが、薬剤師の試験は、あくまで簡単なのではなく、それに備えての準備が整い、完璧だからこそ、合格率が高いという事は言うまでもありません。

薬剤師求人アルバイト 薬剤師のアルバイト・バイト特集 - 【マイナビバイト】でアルバイト探し